「食の選択」やってみたらこうなりました。

はもりっくすの「西式甲田療法」実体験記 ★ 食と体・食欲とのカットウと他人まかせにしない体質改善

【食のマネジメント方法】「西式甲田療法」の食事を続けるコツ!ムリせず、メリハリをつけて、ベストではなくベターな食を選択する!

f:id:HAMORIx:20200318180401j:plain


はもりっくす(
@HAMORIx64)です。

 

西式甲田療法」について

いくつか内容を

ご紹介してきましたが

いかがだったでしょうか?

 

いや、ムリムリムリムリ!(;・∀・)!

 

PVが明らかに減っているので

そう思ってさっそく離脱した人も

多いのでしょう(ノД`)・゜

 

 

はい、わたしもやれる気はしなかったです。

 

 

それでも3年近く続けられている理由は

カンタン。

 

ムリしてない から。

 

ムリしないとできない食事を

ムリせずやるコツ。

ご紹介します。

  

「食の選択」がポイントですよ。

 

 

「西式甲田療法」の食事のおさらい

 

f:id:HAMORIx:20200318151021j:plain

 

 過去の記事にて詳しく紹介していますが、

 

www.hamo-note.com

 

西式甲田療法」のお食事メニュー

は、こんな感じです。

   

  • 朝ご飯 → ヌキ
  • 昼ご飯 → 生野菜汁(泥)250g~、玄米ご飯、豆腐200g、絹こしゴマ10g、昆布粉少々、自然塩5g
  • 夜ご飯 → 生野菜汁(泥)250g~、玄米ご飯、豆腐200g、絹こしゴマ10g、昆布粉少々、自然塩5g

 

 はい、全然萌えませんね~。

  

お寺での修行メニューのほうが

まだしも、

という感じですよね。

 

なぜこんな厳しいのかといえば、

西式甲田療法」が

ガンや筋ジストロフィー、

「森永ヒ素ミルク事件」の被害児の

症状改善など、数々のハンパなく

難しい症状を治すことに使われてきた

ガチの食事療法だから、です。

 

現代医療で治らない数々の難病治療の

臨床で実践されて、結果も残した

食事療法なんですね。

 

なので、

そのような難病の人でなければ

多少ゆるくしてもいいかな?

とわたしは思っています。

(あくまで私的意見です)

 

じっさい甲田医師の治療は

西式健康法を利用しながらも

個人の健康状態に個別対応で

その人に合わせて

柔軟に対応されていたようです。

  

人の体の調子は日々ちがいますし、

 画一的なメニューを長期間続けるのは

精神的ストレスも大きくなりますので

あくまでできる範囲がおススメです。

 

少しずつ慣らしていく、

という方法がベターです。

 

朝食ヌキはさっさと慣れる。

 

f:id:HAMORIx:20200324175534j:plain

 

まず、朝食ヌキは慣れてしまうのが

一番です。効果も高い!

 

わたしはもともと低血圧なので

起き抜けは食欲がありません。

 

でも一般的には朝食は重要!

 

などと言われて「食べなきゃいけない」

という強い思い込みがあったので、

仕事のときは会社についてから

カロリーメイト片手に仕事したり、

家にいるときはトーストなどを

つまんでいました。

 

それをスッパリと朝食ヌキに。

 

食べなくていいとわかれば、

これは意外とラクでした。

 

西式甲田療法」ではその分

午前中に水と柿の葉茶を500㎖以上

多量に飲むことをすすめていますので

それを守って水分を取っていれば

空腹はそんなにキツくありません。

 

2週間もせずに

体が慣れてしまいます。

 

西式甲田療法」をはじめてから

朝ご飯をたべるのは

旅行に行ったときくらいです。

 

「ハレ」と「ケ」の食事でメリハリをつける。

 

f:id:HAMORIx:20200318153429j:plain

 

人生も「西式甲田療法も、

コツはメリハリです。

 

毎回同じものを食べ続けるのって

ラクですけど飽きちゃいますよね。

 

 わたしは

平日は「西式甲田療法」の食事アレンジ、

土日は「外食」も楽しんでいます。

 

  • 「ケ」日常食―大自然の恵みをなるべくそのままいただく、体のための滋味あふれる食事。
  • 「ハレ」非日常食―目と舌で楽しむ、人のかけてくれた手間ヒマを味わう心を満たす食事。

 

どちらも大切だと思いませんか?

 

週5日だと思えば無理なくできますし

日頃節制しているので、

週1回の外食やケーキも

罪悪感なくおいしくいただけます。

 

体のための食事8割

心のための食事2割

 

をめやすに、1週間単位で

自分なりにメリハリをつけてバランス

をとるようにするといいと思います。

 

生野菜はジュースもしくはスムージーで摂る。

 

f:id:HAMORIx:20200324181431j:plain

 

西式甲田療法」のかなめ、

生野菜(青菜5種・地の野菜3種)

を毎食多量に摂るコツは

ジュースもしくはスムージーで

摂ることです。

 

そうすると、そのままだと食べにくい

皮や根など食用可能で栄養価の

高い部分も捨てずに食べられます。

 

わたしは昼メニューで

  • 赤ドロ(人参スムージー)
  • 白ドロ(大根おろしとトロロ芋)

夜メニューで

  • 青ドロ(青菜5種スムージー)

 

という感じで1日の中で

トータルの量をとれるように

しています。

 

ジューススムージー生野菜

 

の順に、

消化に負担がかかりますので

最初はジュース、スムージーから

はじめたほうが胃腸がラクです。

 

もちろん、ベジタブルファーストで。

 

外食も楽しむ!ベターな食事の選び方

 

f:id:HAMORIx:20200324181843j:plain

 

外食も週1,2回なら息抜きに楽しんで

OKにしています。でも

メニューはしっかり選ぶ必要があります。

 

  • 生野菜が多めのメニューを選ぶ
  • 丼物⇒定食にする
  • 動物タンパク質⇒魚類>鶏肉>豚>牛
  • 白い炭水化物⇒茶色の炭水化物を選ぶ 

 

なるべく「西式甲田療法」の

食事メニューに合わせて、

生野菜⇒タンパク質⇒炭水化物

の順番に食べられるメニューを

なるべく選ぶようにしています。

 

とくに炭水化物は慎重に

白い炭水化物のものはなるべくさけます。

 

× 白米・うどん・パスタ・ラーメン・パン

○ 玄米・十割そば・全粒粉パスタ・全粒粉パン

 

代わりに茶色い炭水化物は

積極的に選んでいます。

 

ただ、日本ではまだ

茶色い炭水化物を選べるお店が

あまりないので、

白米しかない場合は量を控えめにして

オプションでトロロや納豆をプラス

するなど、工夫するとベターです。

 

わたしは野菜も多くとれる

イタリアンの魚メニューをよく

楽しんでいます。パスタは控えめで。

 

間食・夜食はできるだけ避ける。

 

胃腸に負担をかける時間を

なるべく少なくする、という意味もあり

西式甲田療法」では間食は

基本NGです。

 

どうしても食べたくなったら

ナッツや胃腸に負担のない果物を。

 

また、質の高い睡眠時間の確保のため

就寝の3時間前に食事を終えるのが

理想とされていますので夜食もNGです。

 

 たまに金曜の夜に気持ちがゆるんで

つまむと、次の日の朝に後悔します…。

 

まとめ

 

f:id:HAMORIx:20200310152049j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

じっさいわたしは

週5日を西式甲田療法アレンジメニュー、

土日の昼を外食、夜は西式甲田療法メニュー

週1回はケーキのごほうび。

それでも3カ月で体が変わりました。

 

詳しく知りたいかたはこちらもどうぞ。 

www.hamo-note.com

 

このくらいゆるくても続ければ

効果は抜群です!

 

基本的には「西式甲田療法」の食事を

自分にムリのない範囲で少しづつ

取り入れる

と考えたほうがいいと思います。

 

わたしの場合、最初はそもそも

続けようと思っていませんでした。

怖いものみたさでとりあえず1日

やってみた感じです。

 

じっさい青ドロ(青菜5種スムージー)を

飲んでみて、

あー、これ毎日はとても無理~と思いました。

 

ただ、次の日にとても体が心地よくなった

ことに気づいたんですよね。

温冷浴も一緒にやったせいか、

 

なんか体がスガスガしい~✧◝(⁰▿⁰)◜✧

 

なので、じゃあ今日もやってみようかな、

あ、これなら1週間いけるかな?

そのうち2週間もすると体の変化を

はっきりと実感するので、

効果が目に見えてくると

楽しくてやめられなくなりました。

 

例えば週3回とりいれて

じっさいにやってみる。

やれそうなら回数を多くしてみる。

といった感じで段階的でも。

 

とくに、いままで糖質たっぷり、

カロリーたっぷりの食事をしていた人は

体の中の消化システムが

「豊食」モードで動いていますので

それが

「粗食」モードに切り替わるまで

体を慣れさせる必要があります。

 

そのぶん変化や反動も大きくなりますので

食事を1品、2品と置換することから

はじめてもいいかもしれません。

 

もちろん、厳格にしっかり実践すれば

効果はぐんと大きくなります。

ゆるく実践すればラクですが、

効果がわかりにくくなります。

 

 

ちょっと負荷をかけつつも

効果が見える範囲で

ムリなく続けるのが

コツと言えると思います。

 

 

この記事が

少しでもお役にたてば幸いです。