「食の選択」やってみたらこうなりました。

西式甲田療法から始まった食とカラダの本当の力を知る旅★砂糖と肉断ちでめざせヴィーガン!実体験記

【講演会メモ②】「新型コロナより恐い感染対策病」のオンラインセミナーで聞いた「本当」の感染対策、そしてカゼを「引く」がもつ重要な意味とは?

f:id:HAMORIx:20201212165600p:plain

一錠のクスリも出さない医師、三好先生のセミナー ※写真はナチュラルハーモニーさんより

また無沙汰になっておりました( ;´Д`)はもりっくす(@HAMORIx64)です。

あっという間に年が明けてしまいました💧

どうぞ本年も宜しくお願い致します。

 

さて前回の続き記事、11/28(土)に ナチュラル・ハーモニーさんにて開催されました三好基晴(みよし もとはる)医師が講師の「新型コロナとがん」出版記念のオンライン講座 の個人メモ②です。

 

前回の記事では、現在世界は新型コロナをめぐって

  1. 新型コロナは得体の知れない恐ろしい病気、の恐怖派
  2. 新型コロナはカゼやインフルと同等、と見る静観派

 の2つに分かれている話、そして恐怖派の学者や政府マスコミが声を揃えて言う

 

新型コロナにはワクチン特効薬ないから怖い?

 

というお話から、

 

  • ワクチンはそもそも効果があるのか?
  • ワクチンの安全性は?
  • ワクチンの歴史的成果?…etc.,

 

などを検証し、結果的にワクチンは医学的にも歴史的にも効果があったことがなく、しかも打たなかった場合に比べて他の病気の可能性がはね上がってしまう、と言うミもフタもない結果となり、ただ製薬メーカーと医療業界のドル箱としての成果のみがあるという、ちょっと悲しい現実へと行き着きました🥲

 

今回の記事では、それならば気になる薬の方はどうなのか、そしてもっと重要な感染症そのものついて三好医師がお話しされた内容のメモの続きをお伝えします。

 

 

②新型コロナは薬がないから怖い?

 

f:id:HAMORIx:20210107140059j:plain

 

ワクチンは三好医師のお話では、新型コロナのワクチンどころかワクチンの存在自体があやしさいっぱいのものという感じになってしまいましたが、では薬の方はどうなのでしょうか?

 

インフルエンザならタミフルなどの特効薬があるけど、新型コロナにはまだ特効薬がないから怖いよね?

 

とおっしゃる方…。そもそもインフルエンザにおけるタミフルの効果がどのくらいのものかご存知でしょうか?

 

Q:タミフルを飲めばインフルエンザなんてソッコー治るんでしょ?

 

A:ブッブー!! …です。

 

研究データによっていわれているタミフルの効果は、インフルエンザによる症状の改善が、通常4日かかるものが3日になる、と言われています。

 

たった1日の短縮効果…( ;∀;) 

それって特効薬って言うんでしょうか?

 

しかもタミフルを飲んだ全員に効果があるわけではなく、研究データでは100人飲んで投与4日後にタミフルは60人の症状が消失したということなんですが、偽薬でも100人中50人の症状が消失しているのでその差10人程度です。

 

お金をケチって偽薬に効果をかけてみても五分五分なんだったら、運だめしに一発偽薬にかけてみちゃう?…なんて気になるようなならないような(笑)

 

少なくとも、具合が悪いところをわざわざインフルエンザ患者が集まっている病院まで出かけて行って、ロビーで散々待たされたあげく診察1分で「インフルエンザですね」ってお墨付きをもらいに行ってもらった薬をありがたがって飲む、ほどの価値があるんでしょうか?

 

私だったら、その1日ゆっくり寝ていたいけど… ^^;

 

しかもこの研究は、タミフルを服用した人と偽薬を飲んだ人との比較研究(しかも偽薬を飲んだのは誰なのかわからない)なので、何も飲まなかった人との比較はされていないそうです。

 

別のインフルエンザの研究では、解熱剤を飲んだグループ飲まなかったグループの比較研究があり、解熱剤を飲んだグループは治るまで4日かかったそうですが、何も飲まなかったグループは2日で治ったそうです。

 

だったら、何も飲まない方が…?(・_・;

 

今回のセミナーではタミフルを中心に話をされましたが、他の有効とされている薬でも研究は似たり寄ったりの、科学的検証を行なったととても言えないようなレベルの結果だそうです。

 

この辺りの詳細は三好医師の本に詳しく書いてあります。

www.nh-plants.net

 

 

そもそも感染症によって発熱する理由は?

 

f:id:HAMORIx:20210107162325j:plain

 

ウイルスが侵入し、感染・発症するとウイルスが体内で増殖します。ウイルスは熱に弱いので、体内の免疫システムは発熱や悪寒で震えさせることなどによって体内温度をあげ、ウイルスを処理します。

 

ウイルスは増殖の役目が終わると、体の高熱によって死んでいくわけですが「ウイルスが死滅すること」=「解熱なんですね。そして熱が下がると同時に、汗をかいたり下痢をしたりしてウイルスは体内をデトックスしていくのだそうです。

 

そして、じつはこの過程は体にとっても重要なのですが、一般的な治療ではこの段階で解熱剤を使ったり氷枕を使うなどして熱が体内で上がり切る前に熱を下げる行為を行なってしまい、そのためウイルスが元気になってしまうことがあるそうです。結果また熱が上がり、また解熱する。それを繰り返すことでカゼのぶり返しが起こります。

 

氷枕も使わない方がいいんですね。

 

私も今では具合が悪い時はお風呂に入って、温まって暖かくして寝るようにしています。そうすると夜の間に汗がびっしょり出て、クスリなど飲まなくても次の日にスッキリ治るようになりました(^-^)

 

外側から強制的に解熱させてしまうことで、体内で白血球がウイルスを処理するという正しい体内の働きを妨げてしまうわけですね。

 

 

新型コロナに解熱剤を使うことで肺炎が起きる?

 

f:id:HAMORIx:20210107164042j:plain

 

三好医師は厚労省に問い合わせてみたそうです。

 

 

三好医師:解熱剤を使用すると白血球がウイルスを処理する能力が落ちますよね?

 

厚労省:そうですね。

 

三好医師:新型コロナに解熱剤を使うと肺炎になりやすいのではありませんか?そして抗生物質を使うことで、重症化したり死亡したりすると考えられるのではありませんか?

 

厚労省:そうですね。

 

三好医師:その数字を把握していますか?

 

厚労省:こちらでは感染者数や重症者数しかわかりません。

 

三好医師:では厚労省で調べてください。

 

厚労省:貴重なご意見をありがとうございます。

 

三好医師:……。

 

 

私も厚労省に電話したことがあるので、この感じよくわかります(^_^;)

 

電話窓口でお仕事してくださっている人たちは、とても真面目に丁寧に一生懸命話を聞いて対応してくれますが、最後の「貴重なご意見…」が妙に嘘っぽい(笑)

 

しかも悲しいことですが、ちょいちょい、話をごまかして逃げ切ろうとします。

 

私が電話口で、「厚労省が発表している数字は新型コロナの単なるポジティブである陽性者数ですか?それとも症状が発症している感染者数ですか?」と確認したときも「陽性者か感染者かの判断は各保健所に任せており、報告してきた数を厚労省では発表しています」というので、「保健所がどちらの数字で報告しようと知りませんが、厚労省として発表しているのは、どちらの数字なんですか?」と突っ込んだら、「…PCR検査の陽性者数を感染者数として発表しています」とのことでした。

 

じゃあ、感染者数じゃない…

 

一般的に報告書を作成するなら、データや数字をどう統一するかは発表する側がきちんと基準を定めて、それに合わせた数字を集めることが当たり前だと思います。感染者数を正しく発表する気があるならば、各保健所にPCR検査の結果が陽性でかつ発症した人の数を報告するように命じればいいだけだと思いますが、国の代表機関として発表する立場の厚労省がそんないい加減な数字の扱いをするって…?

 

 

解熱剤と抗生物質によって病状が重症化?

 

f:id:HAMORIx:20210107164815j:plain

 

三好医師は今回の新型コロナでは、本当は自然治癒に任せれば治っていた症状を解熱剤と抗生物質によって重症化し、死亡させていると考えているそうです。

 

そしてこの考えがおかしいというのならば、ぜひ反論データを出して証明をして欲しいと仰っていますので、我こそはと思う人はぜひ挑んでみてください。

 

今回の新型コロナの場合は、指定感染症の扱いなので入院する病院も指定されている上に解熱剤も使われてしまうので、比較データなどを取ることができないそうです。

これは意図的なのではないかという見解です。

 

私も(あくまで個人的意見ですが)そう感じています。

 

というのは初期の頃、武漢でバタバタと人が死んでいるという報道があったときに、当時見ていたTOKYO MXの「モーニングCROSS」という朝のニュースショーで、MCの堀潤氏が親族を新型コロナで亡くしたという中国人女性にインタビューをしていたのですが、

 

新型コロナ感染後に何も処置をしないで自然に任せた親族は治ったけど、病院で薬やら治療を受けた親族は皆亡くなった。

 

という話をしていました。

 

指定感染症を解除もしくはインフルエンザと同じ5類相当にして、いろんな病院で患者を扱うと、病院や医師によって「この方が早く治った」とか「この薬でも効いた」など色々なことが分かって、結果コロナを簡単に克服できてしまって新しいワクチン必要ないねって、なったら困るのかもしれません。

 

考えたくないことですが。

 

今回病院で隔離されたりするのが嫌で、病院に行かずPCR検査を受けずに自宅で治してしまった人たちがいたとしても、そのデータは出てきません。

 

 

ウイルス感染にとっての発熱の意味

 

f:id:HAMORIx:20210107171037j:plain

 

三好先生によると、発熱は医学書の一番最初に出てくる話だそうで、ウイルス感染における発熱の重要性はどの医者も理解しているはずだと仰います。

 

ところが理解していれば発熱を抑えようとするはずがないのですが、病院に行けば必ず解熱剤で熱を下げられてしまいます。

 

ちゃんとした小児科医であれば、子どもが発熱熱しても薬を出さず、寝ていれば治ると親に伝えるのが本来の姿なのですが、子どもを心配するあまりに親が処置をしないことを納得しないケースが多いのだそうです。

 

この場合、小児科医が治療をしないことをがんばったとしても、親が納得せずに別の病院で解熱剤をもらったり注射を打ったりしてしまうので、それなら結局自分のところで処置をした方がいいという話になって、医者も本当の処理ができないのだとか。

 

これには、

  • 病気に対する啓蒙が広まっていない
  • 薬の効果の刷り込み
  • 医師の説得力不足

の原因が考えられるとのことです。

 

私は、これは個人の医者というわけでなく医療業界全般で努力が必要な話だと思います。

 

ウイルス感染の場合、正しい小児科医なら発熱している子どもよりも発熱できてない子どもの方が危ないと判断するのが正しいのですが、薬やワクチンで病気を抑えることが当たり前だとTVやCMで洗脳されてしまっている親に対して、果たしてきちんと説得できる医師、話を理解できる親がどのくらいいるものか…。

 

私も数年前に食と医療と健康のカラクリに気づくまでは、ふつうに風邪が悪化した時は病院に行って薬をもらっていました。

 

今では三好医師と同じく、薬を使わない子育てで有名な小児科医の真弓定夫医師の本や、自然派医師の本間真二郎医師の本を読んでいるからこそ理解できますが、体内の自然治癒力の理解があるか、かかりつけ医師に対してのリスペクトがなければ、話の理解は難しいでしょう。

 

 

 

ましてや目の前に高熱で苦しんでいる我が子がいては…。いざというときに冷静なふるまいができるように、ふだんから子どもの発熱についての理解を促すような取り組みが必要だと思います。

 

ちまたに広がっている発熱についての誤解

 

f:id:HAMORIx:20210107172157j:plain

 

熱が40度以上あがってしまうと脳膜炎になる、もしくは精子ができなくなるという説がちまたにあるそうなのですが、その説にはまったく根拠がないそうです。

 

脳膜炎はふつうの風邪の発熱では絶対にならないというのは、病医学の常識なのだそうです。風邪によって発熱が起こっているのか、脳膜炎によって発熱が起こっているのかの判断ができていればいいことで、風邪から脳膜炎になることはなく、連動はしないそうです。

 

脳膜炎で熱が上がると大きな意識障害が出ることがあるそうですが、その場合の問題も結局は解熱剤。

 

解熱剤を使うとその反動でサイトカインストーム(免疫暴走)を起こして免疫が過剰反応を起こして髄膜炎になることがあるそうですが、それはウイルスのせいではなく、解熱剤のせいなんですね。

 

体にとってクスリはウイルスそのものよりもはるかに異物であり毒物なので、体に入ってきた悪いもの=クスリを攻撃するためにいろんな物質が体から発出されるのですが、ウイルスが薬によって増殖できなくなっており、そのため発出した物質が行き場をなくして脳膜炎になったり、肺炎を起こしたり、腎臓病や心臓病になったりするのだそうです。

 

そっちの方が怖い。

 

また熱性痙攣は、そもそも体を守るために起こっている痙攣で、熱が上がりすぎると血液中に有害な老廃物質が増え脳の血管で膨らんで、有害なものが血液から脳に行こうとするのを防ぐために起こっているのだそうです。なので一回痙攣すると、だいたい5分から10分くらいで治るそうです。その間に体のシステムが老廃物質をうまく処理してくれるのだそうです。体の仕組みってすごい!

 

三好医師は、熱は体のギフトだと今回仰っていましたが、本当にそうなんだなと思います。

 

むしろ自然免疫が働いて発熱しているところを解熱剤で無理やり下げてしまうことが本当は問題なんですね。この仕組みは、医原病(医療が原因の病気)の専門医内海聡氏の動画の説明がわかりやすいのでそちらを参考にしていただくか(やや毒舌注意)、本間真二郎医師のセミナーメモを参考にしていただけるとわかりやすいかと思います。

 


抗体=免疫ではない!免疫システムはもっと複雑なもの~免疫の基礎①~

 

↓ 目次の ●Covid-19の症状の特徴→免疫は大きく2系統あり4種類 のところに免疫の話があります。

www.hamo-note.com

 

また話が長くなったので、③へと続きます(^_^;)

次には終わると思います。

今度こそ、カゼを「引く」ことの重要な意味について書きます!!

 

↓三好基晴医師の本はこちら(Amazonや楽天では買えません)

www.nh-plants.net