「食の選択」やってみたらこうなりました。

西式甲田療法から始まった食とカラダの本当の力を知る旅★砂糖と肉断ちでめざせヴィーガン!実体験記

【講演会メモ①】11/28に開催された「新型コロナより恐い感染対策病」のオンラインセミナーに参加。本当の感染対策、そしてカゼを「引く」がもつ重要な意味とは?

新型コロナ, 感染対策病, 自然免疫

一錠のクスリも出さない医師、三好先生のセミナー ※写真はナチュラルハーモニーさんより

  

ご無沙汰になっておりました〜。゚(゚´ω`゚)゚。

はもりっくす(@HAMORIx64)です。

 

先日11/28(土)に
ナチュラル・ハーモニーさんの主催で三好基晴(みよし もとはる)医師が講師の「新型コロナとがん」出版記念のオンライン講座が開催されました。

 

naturalharmony.co.jp

 

今回の三好先生の講座は二部構成。

  • 第1部「新型コロナより恐い感染対策病」が11/28(土)
  • 第2部「がんより恐いがん治療」が12/12(土)

わたしは第1部のみ参加しました。

 

現在ちまたで行われている

新コロ感染対策(新しい生活様式)の問題点

や、風邪の大切な役割免疫についてなど

正当医療に基づいた、とてもわかりやすい

貴重なお話を聞くことができました〜( ´ ▽ ` )

 

前回の

ワクチン・ウイルス専門家の本間真二郎医師

のセミナーに引き続き今回も

わたしの個人的メモという形でざっくりと、

セミナーの内容についてシェアいたします。

 

なぜ一般で行われている感染対策が間違い

なのかお話を聞くとよくわかります!

 

本当に感染したくないならこれを知ってぜひ

本当に正しい感染対策

に役立ててくださいね(^_−)−☆

 

 

今回の講師の三好先生って?

 

f:id:HAMORIx:20201216205624j:plain

 

セミナーの冒頭でナチュラル・ハーモニーの

代表河名氏から

 

ーー自分たちは自然栽培という方法をベースに

世の中に自然と調和した生き方を提供している

 

自然栽培の農作物は

基本的に自然の摂理の方法に従ってさえいれば

虫や病気やウイルスに侵されることはなく

健全な農産物が育つ

 

どの農家の人たちも

虫や病原菌やウイルスを消毒したり

戦うことはしない

彼らにも存在意義があるからーー

 

というお話がありました。

 

そして紹介されたのが、そのまさに

自然栽培的、医療!

を実践し基本的に病気と戦わず自然に順応

する医療というアプローチをとっているという

三好基晴医師(医学博士・臨床環境医)です。

 

今回出版された本はナチュラル・ハーモニー

さんのネットショップより購入可能です。

 

www.nh-plants.net

 

もとはスポーツ医学がご専門だったそうですが

現在はホスメック・クリニック院長として

 

アトピー性皮膚炎や花粉症などの

アレルギー性疾患、化学物質過敏症、

電磁波過敏症、がんや糖尿病などの生活習慣病

に対して、衣食住の生活環境を改善する診療

や講演を行なっているそうです。

 

人の体やメカニズムを知り、活かす医療。

まさに三好医師本人も仰ってますが

正当医学による

正当医療ですね。

 

そういうのすごく興味ある…_:(´ཀ`」 ∠):

 

わたし自身、現代医療は病気や症状ばかり見て

薬や外科的処置で症状を見えなくしたり

表面上の数値を改善することだけが

目的のように思えます。

 

そのような対応が必要な時もあるでしょうが

本来は副作用のある薬や体に負担になる手術を

できるだけしないようにするために必要なのが

お医者さんではないかと思うんですが…

 

とりあえずと薬・手術を勧める医者は

本当にプロなの?なんてね…

 

その三好医師のお話しされた内容が以下です。

 

あなたはどっち?新型コロナ恐怖派と新型コロナ静観派

 

f:id:HAMORIx:20201216211540j:plain

 

今世界は

①新型コロナは得体の知れない恐ろしい病気、の恐怖派

②新型コロナはカゼやインフルと同等、と見る静観派

 の2つに分かれています。

 

世界のほとんどはほぼ①恐怖派だと思いますが

三好医師は②静観派

 

ではどのような理由から

三好医師は静観しているのでしょうか?

 

 

①新型コロナは、ワクチンがないから怖い?

 

f:id:HAMORIx:20201216212038j:plain

 

恐怖派の学者や政府マスコミが声を揃えて言う

新型コロナには

ワクチン特効薬

ないから怖い!

 

ではそのワクチン。

そもそも効果があったのでしょうか?

 

感染症はウイルスが鼻や喉の粘膜に感染して

増殖して発病 → 発症 となります。

 

そしてワクチンを打つことで

体全体に免疫ができる

と思いこんでいる人が多いのですが

実は免疫ができるのは血液だけ。

 

それは免疫学の常識だそうです。

 

ワクチンを打ったとしても発症の原因となる

鼻や喉や肺には抗体ができないのです。

 

人体の仕組みとして血液にはバリアがあるので

血液から他の場所へ移動することができない

そう。

 

よってワクチン接種によってそもそも

感染症を予防することはできないし、

それはインフルエンザも新型コロナも同じ

ことだそうです。

 

医原病(医療が原因の病気)の専門家である

内海聡氏が出演された下記動画でも、

ワクチンは体の本来の免疫システムを無視

したドーピングみたいなものなのでむしろ

感染症にかかりやすくなると語っています。

 


抗体で免疫が出来ているわけではない~ワクチン不要論~【CGS 内海聡 医療と食 第6回】

 

三好医師が言うには

家が火事になった所に、1キロ先から消化作業

しているようなものだそうです。

 

三好医師の主張がおかしいのでは?

と思う方はぜひ、ワクチン派の医者や専門家

もしくは厚生労働省に上記のようなことを

問い合わせてみてください。

 

ちなみに三好先生はTV出演のワクチン派

の医者や専門家、ノーベル賞受賞者に

ワクチンに対するきちんとした質問を

何度も行なっている

そうですがご自身の主張に反論があったこと

はないそうです。

 

自分たちが正しいと思うならなぜ

反論しないのでしょうか?

ワクチンを反対する人って(思ってても)

少数だから大した手間ではないのでは?

 

医療業界も実は知っているワクチンの効果

 

f:id:HAMORIx:20201216213514j:plain

 

じっさい医療業界もワクチンが効かないって

わかっているようで、現在では鼻に噴霧する

ワクチンの開発が進んでいるそうです。

 

しかし人間の体はうまくできていて鼻水や

粘液によって成分が流れてしまうそう。

異物と判断してしまうんですね。

 

そのため無理矢理ワクチンの成分を鼻や喉へ

届けるために免疫強化剤というものを使うの

ですが副作用が強くて開発が進められない

のだそうです。

 

同じ原理で子宮頸がんワクチンも血液内に

抗体ができても子宮頸部の粘膜にはできず

ムリに血液から子宮粘膜に抗体がいくように

免疫強化剤を入れているそうですが、

 

その免疫強化剤が原因となって今ではよく

知られているように重篤な副作用

苦しんでいる方がいらっしゃいます。

 

ワクチンによって重症化を防げるという根拠は?

 

f:id:HAMORIx:20201216214153j:plain

 

三好医師は常々学者や厚労省にもワクチンの

効果の疑問を投げかけているそうですが

厚労省はワクチンが効かない、とは言わず

効きにくい、という言い方をするそうです。

 

そして主張するのは

効きにくいけど、重症化を防げる

 

しかし、その根拠となる論文は公表されて

いないのだそうです。

 

え?なぜ? (・・?) 

 

そもそも感染や発病を予防できないのに重症化を防げるはずがない

というのが三好医師のご意見でした。

私も同様に思いますが…皆さんはどう思いますか?

 

 

ワクチンは効かないという医療業界の常識が広まらない理由は?

 

f:id:HAMORIx:20201216215251j:plain

 

これはワクチンに限ったことではなく

抗がん剤や抗生物質もほぼ同じ。

医療業界だけでなく食品業界製薬業界

同じ構図だそうです。

 

結局、学者・マスコミ・製薬メーカーなど

いわゆる既得権益組織の力が働いています。

 

メーカーが儲かることによりそのお金が

 

  • 大学の研究費
  • 政治家への献金
  • メディアのスポンサー代

 

に回るのだそうです。

研究にもお金が必要だし政治もそうですね。

TVや出版物にも製薬メーカーのCMや広告は

必ずあるのではないでしょうか。

 

スポンサーに忖度しない骨太なメディアって

日本に存在するでしょうか?

 

医療の真実と医療経済の問題

 

f:id:HAMORIx:20201216221057j:plain

 

なかには勉強不足で、ワクチンが本当に効く

と思いこんでいる医師もいるそうです。

そしてワクチンが効かないことを教えると

ビックリされるそう。

 

じっさい

医原病(医療が原因となる病気)の告発者

として有名な内科医の内海聡氏も

本に書いていましたが、

 

昔はワクチン打ってました。

 

今は自然派医師である本間真二郎医師

 

わたしも打ってました。

 

やはり当時は効くと思いこんでいたそう。

でもその後やめたのはすごい!

 

ではここで質問ですが大抵の

ワクチンの事実を知った医師たちは

その後どうすると思いますか?

 

事実を知ってもやめることもなく、そのままワクチンを打つ医者・病院がほとんどだそうです。

 

理由は簡単で、病院の儲けが減るから(;´д`)

 

ワクチンを打たないと病院はスタッフに

ボーナスが払えないという理由も。

 

ワクチンは打つだけでお金になる、楽で

とっても美味しいドル箱なんですね。

 

 医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

がミリオンセラーになった有名な近藤誠医師も

本に書いてましたね。

 

 

インフルエンザ・ワクチンを打ってはいけない

と。別の本では病院と医者へのお歳暮

とまで書いてました。

 

そういう変幻自在のウィルスにピッタリ合う(効く)ワクチンを作るのは、ほとんど不可能です。また、血液中に弱い抗体ができたとしても、ウィルスが入ってくるのどや鼻には抗体は作られないので、感染は避けられません。

インフルエンザ・ワクチンは、ワクチンとは呼べないような代物なんです。

感染を防げないのに、副作用はショック症状や突然死など、激烈です。

(同上)p.196

 

信じられない!と思ったあなた。

あなたが同じ立場だったらやめられますか?

自分の目の前で死ななければ

気にならない?

 

儲かるワクチンをおススメしてくる医者

ワクチンを打たないで経営をがんばる医者

どちらが信用できますか?

 

ワクチンの誕生は人類を救ったんですよね?

 

f:id:HAMORIx:20201216182318j:plain

国立感染症研究所HPより(オレンジ色は追記)http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/report2002/measles_top.html#mashin02

 

これは国立感染症研究所のHPに掲載中の

データです。誰でも見ることができます。

 

これによると麻疹のワクチン定期接種開始は

1978年(昭和53年)。

 

え、すでにほぼ落ち着いてる?∑(゚Д゚)

 

抗生物質についても米国感染症データに

よると猩紅熱・腸チフス・肺結核について

も1900年前後にピークを迎えてましたが

抗生物質の投与が始まったのは1950年頃。

 

死亡率がすでに1/100、1/1000、1/10000

くらいに下がってから投与は開始。

※『新型コロナとがん』(三好基晴著/花書院/2020)参照

 

つまりワクチンや抗生物質が使われる前に

感染者はすでに減っていたという事実。

 

ただデータが古いのでその減少の理由は

はっきりわかっていません。

衛生状態や栄養状態の改善のおかげだと

言われているようです。 

 

ワクチンってそもそも原材料は?安全なの?

 

f:id:HAMORIx:20201217235243j:plain

 

ワクチンって本当に安全なのでしょうか?

 

じつはワクチンに含まれている添加物には

下記のようなものがあります。

 

  • 免疫強化剤(アジュバント)
  • 防腐剤

  • 安定剤

  • 緩衝剤

  • 抗菌薬

  • 分散剤(合成界面活性剤・合成洗剤)

  • 賦活剤

 

なんと、合成洗剤まで入っているんですね!

※ほかにも胎児の細胞、動物や虫の細胞など…

ヴィーガンの観点からはワクチンは❌です。

 

このような 添加物の結果

ワクチンを打たない人に比べて

ワクチンを打った人は下記のような病気や

症状が増加するそうです。

 

  • アトピー
  • 偏頭痛
  • 花粉症
  • 多動性障害
  • 気管支喘息
  • 側弯症
  • てんかん
  • 甲状腺障害
  • ヘルペス

 

全て2倍以上の増加、しかもヘルペスは

打たない人に比べて

64倍も増加!

 

小柳津広志氏(東大名誉教授微生物学)の

本でも読みましたが、確かに

予防接種を受けていない現在の80代は

花粉症の人はいないのだそうです。

 

予防効果がないのに体を害する可能性が高い

ワクチンを打つ必要って何でしょう?

 

ワクチンを打たせたくない親はどうすればいい?

 

f:id:HAMORIx:20201217233634j:plain

 

このセミナーでいいことを教わりました。

 

ワクチン否定派の親御さたちはよく

病院で診断書を書いてもらったり

色々と苦労をされていると思いますが

 

今回教えてもらった下記の要望書はとても

効果的だと思います。

 

三好医師によると、この要望書を園長や

学長宛に提出して文書での回答をお願いして

回答が返ってきたことは一度もないそう。

 

ワクチン, アレルギー, 拒否

要望書(これを文書作成ソフトWordなどで作成してご使用ください)

 

責任を持てないものをどうして他人に強要

するんでしょうね?

 

ワクチンについては下記の本なども参考に

してみてください。

 

 

 *    *

 

ちょっと長くなってしまいましたので

次回②に続きます。

本当に皆に知って欲しい体の素晴しい

仕組みについてです(^-^)